年収25億円の7歳児ライアン世界で最も稼ぐユーチューバー

Ryan Toysreviewライアンのおもちゃレビュー動画

の中で一番の再生数を誇っている動画はこちら⇓なんと再生回数16億回です。

7歳のライアンは、ほぼ普通の小学1年生だ。電車や車が大好きで、ディズニーのキャラクターに笑い、レゴで大都市を丸ごと作り上げる。他の子との違いは、遊ぶときにはカメラが回っていること。動画はすぐにユーチューブにアップロードされ、1730万人のフォロワーに向けて配信される。フォロワーの大半は、自分と同じ小学生だ。

ライアンは、こうした短くてシンプルな動画により、ネット上で屈指の人気を誇るインフルエンサーの一人となった。主役のユーチューブチャンネル「Ryan Toysreview(ライアンのおもちゃレビュー)」は累計再生回数が260億回に達しつつある。

ライアンは動画を通じ、際限のないおもちゃで遊べるだけではなく、たゆまぬ収入源を得ている。フォーブスがまとめる「世界で最も稼ぐユーチューバー」ランキングでは今年、6月1日までの1年間で推定2200万ドル(約25億円)を稼いだライアンが首位に輝いた。

出典:年収25億円の7歳児、世界で最も稼ぐユーチューバーに

 

年収25億円稼ぐライアンについての反響

ヤフコメの反応

子供にこれほど稼げるようになって欲しいとは思わないが、子供がこんなに広いスペースでたくさんのオモチャで遊ばせられるほどの財力が欲しい。やりたい事をやらせてあげられるかな。
この子は、大人になるまでに「我慢する」ということを学べるんだろうか。
お小遣いを貯めて、やっと欲しいものを手に入れる喜びや、どのおもちゃを買うか子供なりに真剣に考える、という経験ができるんだろうか。
そういう経験を通して、子供は責任感を身に着けていくと思う。
責任感がなければ、将来、きちんと働いたり安定した家庭を築くのは難しい。
子育ては、お金や欲しいものさえ与えて大きくすればいいというものではない。
羨ましい気もするけど、多分家庭は良い方向にはいかないだろうなあ。マコーレーカルキンとか子供が稼ぎ頭になったら家庭のバランスは崩れると思う。ましてや稼ぎ方がユーチューブでは。。