「吸引分娩」死亡事故めぐり両親が提訴なぜ総合病院を選ばなかったのか?ツイッター上の反応は?

吸引分娩死亡事故
大阪市都島区のクリニックで「無理やり吸引分娩をされ、
産まれたばかりの子どもが死亡した」として両親が病院を相手に
損害賠償を求める裁判を起こしました。クリニック側は争う姿勢です。

大阪市に住む高瀬さん夫婦。長男の柊ちゃんは、
産まれてわすが12時間後に亡くなりました。

去年11月、陣痛が始まり都島区の「ケイ・レディースクリニック」に入院。
無痛分娩によって出産しました。ところが、出産から約4時間後に柊ちゃんがぐったりしているのを
クリニックが確認し、別の病院に搬送されましたが、その後死亡しました。

死因は出血性ショック。

頭蓋骨の外側にある血管が切れ、出血したことが原因でした。
なぜ、血管が切れてしまったのでしょうか。

高瀬さんの分娩経過表を見てみると、「吸引分娩」を5回実施したことが記録されています。
吸引分娩とは、吸引器に接続された丸いカップを赤ちゃんの頭に密着させ、
吸い出す方法です。無痛分娩の場合に吸引分娩の実施率が高くなるといわれています。

高瀬さん夫婦は「必要がないのに無理やり吸引分娩を実施され、
頭の血管が切れてしまった」などとクリニック側に訴えましたが、
回答は次のようなものでした。

「死亡原因は不明で、当クリニックの処置・対応によるものではない」

このため高瀬さん夫婦は今年7月、大阪地裁に提訴。

11日に初弁論が開かれ、クリニック側は請求棄却を求めました。

元記事:「吸引分娩」めぐり両親が提訴 出産直後に長男死亡、病院側は争う姿勢

ツイッター上の反応

ヤフコメ民の反応

赤ちゃんは残念だったし、不妊治療でできた子供をなくしたご両親の気持ちははかりきれません。
が、そもそも100%安全ではないお産にたいして、訴訟を起こしていたら、産科医なんていなくなってしまうよ。病院側にも非があるかもしれないが、不妊治療で授かり、初産というリスクがありながら、NICUもない個人クリニックで無痛分娩を選んだ両親もどうかと思う。

 

正直個人病院はアットホームだったり
設備が綺麗だったりがあるのかもしれないけど
いざという時すぐ対応できないので
総合病院じゃないと産む気になれません。
不妊治療してせっかく授かった
赤ちゃんを亡くしたのはお辛いでしょうけど
総合病院で自然分娩を選べば良かったのでは?

無痛分娩を行っている病院は少なく、そのほとんどが総合病院。

万が一に備えて、なぜ総合病院で産む選択をしなかったのか?という疑問が多くあがっています。